宣伝部長はオリジナル紙袋│集客力のあるアイテムとは

男の人

大きな効果

バッグ

買い物した商品を入れるオリジナルの手提げ袋は、持ち歩くだけでお店の宣伝になります。オリジナルの手提げ袋を作るとき、どういった点に注意すればよいでしょうか。まずは、自分のお店にどんな商品のサイズがあるか確認します。お客様が買い物するパターンを考えて、汎用性の高いサイズの手提げ袋を選びます。縦横は同じサイズでもマチの有無で入れられるものの量が変わります。手提げ袋に印刷するデザインは重要です。インパクトを持たせるため、ロゴを大きく印刷するとコストがかかる場合があります。色数を絞ることでコスト削減になります。一色でもインパクトを持たせることは可能です。手提げ袋に入れるものによって、大きさだけではなく丈夫さも大切です。重い商品が多いのに耐久性のない手提げ袋だと重さに耐えられないことがあります。やぶれにくい加工がしてあるものを選びます。薄い手提げ袋のほうが使い勝手がよい場合もあります。いろんなパターンに対応できるよう様々な種類を用意しておくとよいでしょう。オリジナルの手提げ袋は販促効果をアップさせます。一般的な無地の手提げ袋を使用するのではなく、オリジナルの手提げ袋を使うことによってお店によい影響を与えてくれます。予算の範囲内で、手提げ袋の素材にこだわるようにします。表面が加工されていない手提げ袋は素朴な印象を与えます。コーティングしたような加工を施した手提げ袋には高級感があります。お店の雰囲気によって素材を変えてみるのもよいでしょう。