宣伝部長はオリジナル紙袋│集客力のあるアイテムとは

男の人

安心できる業者選び

広告

バックパネルとは、ロゴマークや商品名などを大きく印刷し、立てかけられるようにできるものです。テレビの記者会見や取材でよく見かけます。バックパネルは硬い素材でできています。布でできた持ち運びに便利なものを大型バナースタンドと呼びます。インターネットでもオリジナルのバックパネルを制作してくれるサイトがあります。注文の際に印刷代が価格に含まれているかどうか確認します。価格が安いと思っても別途印刷代がかかる場合があります。また、自分でデザインをするのではない場合、デザイン料がかかります。どのくらいの金額がかかるのか見積もりを出しましょう。バックパネルを設置するときは、持ち運べる重さであることも重要です。あまりに重すぎる場合、少人数では運べないことがあります。イベントで使用するときは、設置の状況も考えましょう。バックパネルは長期間使用したり移動を繰り返すと、傷がつくことがあります。最悪の場合、修理しなければならないほどの故障も考えられます。修理を請け負ってくれるのか確認します。修理に時間がかかるとイベント開催などに影響を与えることがあります。修理受付窓口があるところをおすすめします。バックパネルは存在感があるため、希望した色がきちんと出ていないとかなり印象が変わります。実際に見たときにイメージが違うということがないように色校正をしてくれるところが安心です。スピードを求めるあまり色校正を省いてしまう業者はおすすめできません。